ゴトー思考

高島彩さんの件について思うこと。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181026-00000141-dal-ent

こちらのニュースによりますと、

フリーアナウンサーの高島彩(39)が26日、「色々考えまして、閉じることにしました」と自身のインスタグラムを閉鎖すること発表。

理由について「この場所が負の感情を生む場所になってしまっては悲しいので、撤退することにしました」と説明。「日々いろんな感情がありますが、清濁合わせ呑む心をもっていたいものです」とも記し、さまざまな中傷書き込みが原因で閉鎖を決意したことを示唆した。

とのことです。

こういう案件をみると、思うんですよ。

自分は強くなったな、と。

わたし、第一印象では強い女だと思われるらしい。

でも、生まれつき体が弱くて超!虚弱体質です。

でも、そのことを自覚して受け入れたからこそ、スーパー強くなったんです。

赤の他人に自分のことを悪くいわれても、一ミリも何も思いません。
(名誉棄損以外は)

それはきっと、自分に自信があるから。
そして、相手を認めているから。

否定的な意見も含めて、すべて受け入れられる。

アンチ意見を見ても「へぇーあなたはそう思うのね。」で終わる。

でも、初めからそう思えたわけじゃないんです。

・離婚裁判により、吐血。
・自社の商品化の依頼を、5年で150社から断られる。
・西野さんと仕事をして、死にたくなる。(←自分ができない人間すぎて)

↓↓↓
人間、ドン床を知ると強い。

たまに悲しいことがあっても「あのときよりは全然まし」と思える。

ひどいことをいう人は、いっぱいいるよ。

でも、わたしは、認識されていることの方がうれしい。

西野さんやはあちゅうさん関連で、計70万人以上にリーチしているので、数千人レベルから何かいわれるのは予想済み。

社会現象を起こす目的で行動しているので、むしろ、願ったりかなったり。

否定的な意見があがっても、それは「認知税」だととらえているし、すべての意見が「アリ」だと認めなければ、発信なんてし続けられない。

そう思える人だけが「発信者」として残っていくんじゃないのかな。

私は、残りたい!
だから、発信し続けます!

アンチ上等。
むしろ、感謝。
話題にしていただいて、ありがとうございます。

「若い時の苦労は買ってでもせよ」といわれるのは、夢を達成するときに失敗して凹んだり、諦めたりしなくなるから。
つまり、苦労は成功への近道。

たしかに、悲しい思いはしないにこしたことはないんだけどさ・・・

一回、ドン底まで落ちてみ?

あとは、這いあがるしかないから。

死に物狂いで、這いあがってきてみ?

絶対に、バージョンアップしてるから。

ちなみに、わたしのバージョンアップでいえば
・昔は強い言葉を言われてすぐ凹んでいたけれど、今は動じなくなった。
・夢達成のための努力が、辛くなくなった。
・泣き寝入りせずに、自分の意見を主張できるようになった。

しんどいことも多かったけれど、困難は絶対に人生につきものだから。
逃げられないなら、受け止めて、こなして、強くなっていくしかない。

「ドン底回数が増えるほど、夢に近づいている証拠。」(ゴトー語録)

ネットの中傷被害で悲しんでいる人へ。

ひどいこといわれると、悲しいよね。うんうん。わかるよ。

でもね。
中傷してる人たちに「なんでそんなこというんですか!?」って怒るのではなく、「話題にしてくださってありがとうございます!」って、試しに言い続けてみて。

初めは嘘でもいい。
途中から、本気で感謝し始めるから。

「わたしのことについて考えてくれて、意見まで発信してくれるなんて、感謝です!」
と。

わたしは、アンチファンなんていないと思ってる。
そのひとたちは、自分とは違う意見をいう「ただのファン」だ。

中傷意見もエンタメ化!!
ネットで生きていきたいなら、必須科目です。

みんな、病まないで大丈夫!
これからはアンチファン=ただのファン!だと思いましょう。
そして、すべてのファンへの感謝を忘れずに。

楽しいネット生活を!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です