レターポット

さぁ、「レターポット」が生まれた日の話をしよう。-1-

SHOWROOM登録から下北沢まで

2017年8月、私はウズウズしていました。

こちらのプロフィールのラストに引き続き、アサダさんと藤原先生がきっかけで、2016年5月から西野さんを追いかけていたのですが、西野さんが「差し入れは迷惑」といって炎上しているのを目撃。

西野さんを追えば、自身が解決したい社会課題【「いらないモノはいりません」と胸をはって言える世の中にする】のヒントになるはずだ!と思い、思い切って2017年7月からオンラインサロンに入ります。

7月下旬に、自身が10月に開催する「プレゼンイベント・ファン大交流会」のクラファンを、西野さんがサロンでシェアしていただいたことで、目標金額を達成。
https://camp-fire.jp/projects/view/36993

西野さんには、最速9月に奈良の講演会で会えることは分かっていたけれども、自分のビジネスプランを相談したくて、「もう待ちきれない」衝動でいっぱいだったのです。

そんな中、ある企画を知ります。

8月21日夜19時から、西野さんのSHOWROOM24時間配信で、SHOWROOMのルームを持ち、ルーム名に【西野24】とつけて配信すると、配信者の中から選ばれた人が、番組のエンディングに呼んでもらえる、という企画。

しかし、動画配信などは今までやったこともなく、ハードルが高すぎて、登録する気になりませんでした。

しかも、番組一日目は、ビジネススクールの疲れから、配信を見ることなく眠ってしまったのです。

その夜、生まれて初めて、西野さんの夢を見ました。

それは、「西野さんに、なんか分からんけど、めっちゃダメ出しをされて、大号泣している夢」だったのです。

まさかこれが、正夢になろうとは、この時、微塵も思っておらず・・・。

実際に涙を流しながら、朝5時に目が覚めた私は、何かの予感がして、急遽、SHOWROOMに登録。

登録方法が分からず、3時間以上かかってしまい、9時くらいからようやく配信開始。

何を配信すればよいか分からなかったので、目立つためにアニメの制服コスプレをして、『えんとつ町のプペル』の絵本をただ、ひたすらに朗読。
(ちなみに、唯一持っているコス衣装「境界の彼方・名瀬美月」にて配信)

一時間くらいの配信で、ビューは約1000になる。(後で知ったけど、この数は結構、凄いことだったらしい。スクショし忘れた!)

しかし、途中で強制終了。(理由は分からず・・・朗読で、著作権問題報告されたのかも?)

その後、運営さんからの連絡を12時まで待ちましたが何のメッセージもなく、「あぁ、もう選ばれることはないなぁ」と思って、ガッカリ。

14時過ぎ。選ばれなかったけれど、よい機会だし、もう一回くらい何か配信してみようかなーと思ってROOMを開いたら、「エンディング参加者に選ばれました」との連絡が!!まじか!!

そこには「18時集合、19時からエンディングです」と。
えっ!!奈良からだと間に合わない!
どうしよう!

行くべきか、行かないべきか!!と、慌ててバタついていたら、家具につまづきながらこけて、足の裏をざっくり切る!!

ピューと飛び出す血。ひぃぃぃー痛ぁぁぁぁー!!

それを見て即決しました。「よし、東京へ行こう。」

 

そう、私は、細木数子のいう「霊合星人」。

たいてい、悪いことの後には、いいことがあるのです。

西野さんの夢を見たし、足の裏を勢いよく切ったし、もう、絶対に「なにか起こりそう」な気がした。

私の第六感は、外れないんである。スピリチュアル系をなめんなよ。

そうして、私は、コスプレ衣装とかつらを脱ぎ捨て、着の身着のままで家を飛び出しました。

当然、プレゼン資料など用意していないから、新幹線の中で、紙とマジックで手書きで作成。
隣のサラリーマンに、迷惑顔されるが、気にしないフリ。

プレゼン内容も、まだ固まっていなかったので、脳をフル稼働させ、必死に考えをまとめます。

18時半、下北沢のライブ会場に到着。

しっかりと、一演者として、エンディングに参加。

↓↓客席向かって右端で、笑顔でちょいちょい見切れるゴトー


この時の目標としては、

1.【最低でも】一名以上の参加者と連絡先を交換して、東京まで来た意味を持つ。
2.【できれば】西野さんに直接挨拶をして、少しでもお話したい。
3.【最上級】西野さんにプレゼンを聞いて貰って、ご意見もらえたら最高。(でも無理だろうな)

の3パターンを考えていた。

さて、番組が終わり、「お疲れ様でしたー!!」と解散後、西野さんの様子を伺う。

話しかけても大丈夫そうな雰囲気。(24時間生放送を終えたというのに、西野さんはぐったりしていない)

帰り支度をする西野さんにススっとすり寄り、
「すみません、奈良から来ました。自分のビジネスプランで相談したいことがあるんですけど、ちょっとよろしいですか?」と話しかけると、

「いいよーなになに?」と西野さん。

ド緊張のなか、必死に説明。
私の下手くそなプレゼンに、耳を傾けてくださり、色々とアドバイスをくださった。

西野さん、ええ人やな!!

片付けが終わってスタッフさんが集合し、皆さんは打ち上げにいくというので、じゃぁ私は失礼します、というタイミングで西野さんから、
「この後、予定あるの?せっかく奈良から来たんだから、一緒にいく?」とのお誘い。

「えっ!?いいんですか?是非!」(まじで!?やったー!!!)
予想外の展開に、テンションが上がるゴトー。

西野さん、ほんまにええ人!優しすぎる!

そして、その後、SHOWROOMの前田さんと石川涼さんが合流する、神会になるんである。

続く→さぁ、「レターポット」が生まれた日の話をしよう。-1-

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です