慮サプレ(仮)

「うれしいサプライズプレゼント」は何か?は、その瞬間がくるまでわからない

「いらないモノはいりません」と胸をはっていえる世の中にしたいゴトーです。

最近、コンセプトを<アイセレ→選びスト>のときに言っていた、「選びたいので、そのほかのモノはいりません」というミニマリスト寄りのコンセプトから、「慮サプレ」(サプライズプレゼントはご遠慮します)に方向転換して、進めています。

で、どうやって、この概念を広めるべきかと、詳細を検討するなか、ここ数日、ある課題に気が付きました。

それは、世の中には、

✅「うれしいサプライズ」
✅「うれしくないサプライズ」

があるということ。

当たり前のことなんだけれども、ここを細分化して考えていなかったことに、気がついた。

先日、
●シャンプーハットのてつじさんからいただいた、コテコテのトラ柄上下セットhttp://gotoyoko.com/goto-yoko/goto-kakumei/464/?preview=true

これは、すでに十分な衣類を持っている私には、元来「必要なかったモノ」だけれど、「もらって、とてもうれしかったモノ」。

昨日、はあちゅうサロンの定例会で配られた、
●一人ひとり、違う文字が書かれた扇子(書道家さん作)

これは、既に扇子を何本も持っている私には、元来「必要なかったモノ」だけれど、「もらってうれしかったモノ」。

-----

もちろんこれは、たまたま私にヒットしただけであって、もちろん、上記が「絶対にいらない」という人もいる。

サプライズプレゼントが、自分にヒットする確率は、だいたい1/30くらい。

まぁ、つまりは、めったいない。

自分にとって、基本的に、「サプライズは、自己満足の押し売り」と定義しているけれど、まれに、うれしいと思えるプレゼントもある。

というか、モノというか、もらうヒトにもよるんだよなぁ。

同じモノでも、この人からはうれしくて、この人からはうれしくない、とかあるよね・・・

迷惑なサプライズプレゼントとは

ちなみに、私が止めたい、自分にとって迷惑だと感じるサプライズプレゼントというのは、

【自分の場合】

✅「お礼」と言われてよくもらう、無難な「何か」。
(特にタオルとコップ類が、どんどん増える)

✅旅行先で買ってきた、「謎の置物」。
(あなたの思い出を、なぜ飾らねばならないのか)

✅生クリームが苦手なのに、サプライズで出てきた「ショートケーキ」。
(うれしいフリをして、笑顔でたべなきゃいけないやつ)

というようなもの。

気をつけていただきたいのは、慮サプレイヤーだからといっても、プレゼントをもらうこと自体は、好きだし、ありがたい!ということ。

わたしは、「欲しかったものをプレゼントされること」はうれしいし、上記の二例のように「サプライズ」でも、うれしい場合もある。ということ。

西野さんも、ファンからのプレゼントはだいたいは断るけど、極まれに、もらうこともあるんだよね。

こういう“イレギュラー性”が、とても難しいなと。

いま、自分の「欲しいモノ」は、わかるからリスト化できるけれども、後者の「何が、自分にとってうれしいサプライズプレゼントになるか」は、もらう瞬間がくるまでわからない。

「まだもらっていないモノ」に、対処のしようがない・・・

これに対し、なにかできるとすれば「サプライズが自分にヒットする確率」を言えるくらいかな?

例えば、「1/1」だったら、サプライズOK。

「1/30」と書かれていたら、「この人にはサプライズはやめて、欲しいもの聞いたほうがいいかな。」とか。

その辺りが、むずかしいなぁ(><)と。

-----

昨日、ある人が、「いらないサプライズプレゼントなんて、もらったことがないです。」と、いっていた。

世の中には、「もらえうるものは、全部うれしい」という人種が存在する。

「だから困ったことがない」と。

その人たちには「慮サプレ」はヒットしないので、そこにはアプローチしないと決めている。

でも結局、慮サプレを苦しめているのは、

「もらえうるものは、全部うれしい」派からの、一方的なプレゼントだ。

「サプライズはうれしい派」が人口の6~7割のマジョリティ。

西野さんや私のように「困る派」は少数で、理解されないことが多い。

この問題を解決するには、対極(マジョリティ側)にアプローチしないといけないのに、その概念を理解できない層に、どうやって届けたらいいんだろう・・・

ということを、朝から悩み始めて止まらない、今日この頃です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です