スナック「キャンディ」奈良

【ホームレス小谷さん】がスナックキャンディ奈良にご来店!

ホームレス小谷さんが、キャンディ奈良にきてくれましたー\(^-^)/
急きょ、前日の夜に来訪が決まったのですが、小谷さんに会いに、みんな集まったよ~。


久しぶりに小谷さんにお会いできてうれしかった(^^)
みんなでワイワイ、楽しかったですよー!


最近いっていたスリランカの話が面白かったです。

ぼったくられそうになったけど、「ノーマネー!を貫いたら、最終的にひげそりをおごってもらえた話。」

で帰り際、小谷さんに、半年くらい悩んでいることを、相談させていただきました。

ちょっと重いんだけど、聞いてください・・・

小谷さんへお悩み相談

私がいるコミュニティに、一人、「人を陥れるために、悪口をいう」人がいるんです。

その人との関係性に、悩んでいます。
仮に、A氏としましょう。

会ったこともないA氏に、私や私の知り合いが、ボロカス言われていることを、私は知っています。

しかし、知り合いたちは、そんなことを一切知らずに、A氏と仲良さげにやりとりをしているのです。

私は、「自分事」であれば、呑み込めるですが、「他人ごと」になると、めちゃめちゃ気をもんでしまう体質なんです。

まぁ、いいように言えば、<まじめで責任感が強い>。
悪く言えば、<心配しすぎ>ってやつ。

だから、いつかその悪口が、知人の耳に入って、胸を痛めるんではないかと、ヒヤヒヤしてしまうのです。

「心配事の九割は起こらない」そうですが、私の耳に入ってきているということは、知人の耳に入る可能性も高い、ということ。

私は「自分は傷ついてもいい」けれど、「誰かが傷ついてほしくない」のです。

それで、「一人で、勝手に、コミュニティの中で疲弊している」という状況を、小谷さんに相談しました。

小谷さんからの回答

小谷さんが話してくれたことは・・・

ゴトーちゃんのなかで、A氏に対応できる別人格を、つくったらよいよ。おれも、ある意味『ホームレス小谷』っていう、キャラクターをつくってる。」と。

ほほぅ、思いました。

多分、それは、「演じる」とか、そういうことではなく、「別人格をつくることで、その問題を受け入れてみて。」ということだと、勝手に解釈。

小谷さん「ただ、その人のコミュニティは、長くは続かないと思う。ボロはでるだろうし、人は離れていくだろうね。」

確かに、そうなると思います。

聞くところによると、A氏は周りの悪口もいいますが、自分が置かれている状況にも、不満タラタラとのこと。

そう。その人は、自分起点ではなく、環境や相手起点なんです。

A氏とは、会ったことはないものの、これまでの「まったく芯のない発言と行動」に、一ミリも信用ができない人物。

小谷さんが帰られた後、残ったメンバーに、
「A氏と関わることって、必須なの?必須じゃなければ、切り捨ててもいいんじゃない?」
と言われて、はっとしました。

わたしはいままで、「A氏とはもう絡みたくない」と公言していたのですが、実は「仲良くしたい」と思っていることに気づいたのです。

やだ!やっぱり私、まじめwww

そして、おそらく、真の思いは「相手に嫌われたくない」=関係をよくすれば嫌われないのではないか、という個人的エゴ

今なら、「このエゴ、捨てられる!」
そう思いました。

最近、「嫌われる勇気」を読み返して、『課題の分離』を再確認したところ。

悪口を知人が聞いて、悲しくなるかどうかは、知人の問題であって、私の問題ではないのです。

次にA氏の悪口を聞いても、心痛めないで大丈夫そう。(な気がする。)
小谷さん、あんがとねー!

明日のNHK、22時から「ノーナレ」にて、小谷さんの密着番組が放送されます。見てねー♪
https://natalie.mu/owarai/news/279532

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です